後天的な原因の場合は治療ができます

医療器具

出っ歯は指しゃぶりや、爪噛みなどのクセが原因の、後天的なものと、遺伝による骨格の問題などの先天的なケースがあります。出っ歯は見た目の印象が悪いだけでなく、虫歯や歯周病などに罹りやすくなります。大人になってから、歯列矯正を希望している人が増えています。インビザラインは透明なマウスピースを製作してもらい、歯を正しい位置に動かす治療法です。ワイヤー矯正が可能な後天的な出っ歯の場合は、インビザラインによる歯列矯正の治療が受けられます。矯正歯科のクリニックを受診して、検査や診察を受けて下さい。歯を少し削って、隙間を作ることもあります。歯の形状に合わせたオーダーメイドのマウスピースを製作してくれます。

マウスピースは取り外しが出来ます

マウスピース

ワイヤー矯正が可能な出っ歯の場合は、インビザラインによる歯列矯正が出来るケースが多いです。インビザラインは、ワイヤー矯正とは違って、マウスピースの取り外しが出来ます。ワイヤーや留め具が付いていないので、歯磨きを丁寧に出来るのが魅力です。一定の時間は装着する必要がありますが、歯磨きをする時は取り外しが出来るので便利です。他人に気付かれずに、出っ歯を矯正したい人にお勧めです。信頼できる歯科クリニックを選ぶと、高い技術を持った歯科医師が担当してくれます。

骨格に問題がある場合は治療が受けられない

女性

先天性の骨格に問題がある出っ歯の場合は、インビザラインの治療が受けられないこともあります。まずは適正があるか、確認をするためにCTやレントゲンを使って検査をしてもらうと良いでしょう。先天性の出っ歯の場合は、インビザラインの治療が難しいため、従来のワイヤー矯正を行うことが多いです。矯正歯科のクリニックでは、歯並びに関する悩みを相談しやすいです。歯の形状に合わせて最適な方法を提案してくれます。まずは電話で予約を入れておくと良いでしょう。

広告募集中