口元を目立たせずに歯列矯正が可能

診療室

前歯が出ている、いわゆる「出っ歯」がコンプレックスだけど、それを改善する歯列矯正治療になかなか踏み出せないという人も少なくないようです。一般的な歯列矯正治療では金属製のワイヤーなどの矯正器具を、歯の表面に装着して少しずつ歯を動かしていきます。出っ歯がコンプレックスという人の場合、このような治療法だとより前歯が目立ってしまうため、治療に躊躇してしまいがちです。気になる出っ歯を治したいけれど治療中、前歯が悪目立ちしてしまうのも嫌だという人には「インビザライン」という、新しい治療法をおすすめします。インビザラインは透明な素材で作られたマウスピース型の矯正器具を使う治療法で、前歯のみと部分矯正をすることも可能です。矯正器具が透明な素材で作られていることもあり、歯列矯正治療中も口元が目立つということもありません。

前歯のみ治療を行うメリット

マウスピース

出っ歯を直すために一部分だめインビザラインで歯列矯正をするという場合、フル矯正よりも治療中の痛みが少ないというメリットがあります。歯全体を動かすより前歯のみであれば、歯への負担が少なく歯列矯正治療中の大きなストレスとなる痛みを軽減することが可能です。自分の意思で自由に矯正器具を取り外せるインビザラインは元々、虫歯ができにくいと言われていますが前歯のみであれば、さらに虫歯のリスクが低くなると言われています。

治療期間が短くてすむケースも多い

治療

歯全体を動かすフル矯正もインビザラインで可能ですが、出っ歯が気になるという場合は前歯のみだけ矯正するのもおすすめです。前歯のみと一部分だけ歯列矯正を行うという場合、治療が終わるまでにかかる期間が短くて済むというケースも少なくありません。例えば、フル矯正をインビザラインで行うという場合、歯列矯正完了までにかかる期間は約1年半から2年ほどです。出っ歯を解消するための部分矯正であれば約1年、順調に治療が進めば半年程度で治療が終わるというケースもあります。

フル矯正に比べ費用が安い

マウスピース

インビザラインは自由診療となる歯科治療ということもあり、治療にかかる費用が心配になりますが出っ歯を解消する部分矯正であれば費用を抑えることが可能です。自由診療ですので歯医者さんによって金額は異なるものの、インビザラインで部分矯正を行った場合の平均的な相場は、約30万円となっています。歯全体に治療を施すフル矯正という場合、インビザラインであれば約80万円前後の費用が相場となるため、部分矯正とはずいぶん金額に差が生まれます。出っ歯だけ治したいという場合は、治療の費用が抑えられる部分矯正でインビザラインを行っても良いでしょう。ただ、歯の状態によっては部分矯正が行えないというケースもあるため、まずは歯医者さんを受診して相談することをおすすめします。

広告募集中